商品知識はもはや当たり前

月末まであと数日しかない・・・。
数値目標をとにかくクリアしなければならないのに、せっかく来店したお客様を目の前に、ぱっとしない表情と活気のない会話の声。
思わず、やる気があるのか!とその場で怒鳴りたくなることも、正直あるのではないでしょうか。

柳沼佐千子

第一印象から攻略。売れる営業マンは共通して「印象が良い」

経験上、約9割のスタッフは新人もベテラン社員も好感度をコントロールできていません。
売上や契約率として効果を期待するなら、好感度の高い印象力を売上アップの販売戦略として位置づけ、お客様との最初の接点の第一印象から攻略する必要があります。

今、再び不況の波が押し寄せる中、企業はどんな時代の状況下でも売上を伸ばしつづけなければならないのです。
その中で、販売スタッフや営業担当の社員に、商品説明の習得に力を入れる企業もとても多いですね。

「商品知識」はもはや当たり前。
今の時代、商品に極端な差を見出すことも難しくなっています。

昔と違って、粗悪品と呼ばれるものがほとんどなく、ある程度、どのメーカーでも使用するには、
それほど不便を感じることもないのも事実です。商品知識を最大限に活かし、
売上やリピーター率、業績を伸ばす企業には、必ずと言っていいほど共通して実行している「印象力」をご存知ですか?

お客様の心を瞬時に開かせる「印象力」

商品知識を活かすために必要なのは、
「お客様が心を開いて、商品説明を聞いてくれるか」ですね。
販売のプロとして、商品知識を伝えるためには、お客様の心を瞬時に開かせることが必須です。なぜなら、お客様は「人間」だからです。
売上という形で結果を伸ばすには、
[印象力] + [商品知識] この両輪が必要なのです。

商品知識は当然必要です。

商品知識の説明の中には、「他社との比較」「価格」「製品素材」など理論が主です。商品知識は左脳のパートなのです。
すばらしい理論を聞いても、説明してくれる人自身に魅力を感じず話すことすら苦痛なら、商品説明が素直に頭に入りませんね。
同じ商品だったとしても、信頼できる人や好きな人からの説明と嫌いな人や避けたい人からの説明は、同じ内容でも違って聞こえるということです。

ヒトは好き嫌いで判断してしまいがちです。

嫌いな人からわざわざ買う必要がないですよね。
最初のステップで、お客様にとって、話してみたい・明るい・楽しい、安心感があるという人になることなのです。
どんなにすばらしい商品説明の技術や知識があっても、それだけではヒトは購買決定まではしないのです。新人さんで商品知識があまりなくても売れてしまう人がいるのも、好感度の高い印象力と売上の関係性のあるという証明なのです。印象力は、右脳の部分(好き嫌い・イメージ)のパートなのです。


マナーが良いだけでは売上アップにはつながりません。

ビジネスマナー?

もう一度いいますが、効率的に売上をアップさせようとするには
「商品知識」を活かすために、「印象力」という土台が必要だということです。
マナーだけでは、足りません。
マナーというのは、最低をクリアする「常識だからやらなければならない」レベルのことだからです。

売上や契約率として効果を期待するなら、研修を販売戦略のトレーニングに変え、
お客様との最初の接点の第一印象から攻略する必要があります。

最初の接点から戦略的に仕掛けるプロとしての接客には、
社員・スタッフに現場で実行できるような形での訓練が必要です。
印象の技術を使うだけで、研修の翌日からお客様の反応が変わったと実感するという事実です。


受講者の声

今まで、マナーをやっておけばいいのかなという程度の認識で、明るいあいさつや笑顔などは社内でも 取り入れていたつもりでした。目指す内容やレベルの違いに目から鱗でした。 先生の話の中でもでましたように、「明るい応対」というのがどういうものなのかを 具体的にこたえられる社内管理職者がひとりもいない中で、 努力するにも、スタッフ自身もも迷っていたのではないかと思いました。 明確な基準がない自社の取組み方を改めて考えさせられました。

自社の社員やスタッフが前向きに楽しく学べるかどうかを研修やセミナーを 選ぶときのポイントにしています。
先生の会場内動き回るアクティブな雰囲気と庶民的な親しみやすい感じが社員向けにも とてもいいと判断でき、セミナー受講して体感できたことが収穫です。

左脳の方(商品知識)ばかりに力を入れていました。 社員やスタッフが商品知識を持つことは企業として当然です。
ただ、そこだけだと足りないというのも 日々の販売接客の中で感じていました。
それが漠然と「明るいスタッフは売れる」とういことだけで どうしてなのかはっきりと理由がわからないでいたので、このセミナーではっきりと理解できました。 さっそく、商品知識と印象力と同時に教育に力を入れます。

その他の受講者の声・研修のようす

売上向上・好感度アップセミナー「お店に入った瞬間で売上が決まる!」〜小売店・販売店経営者向けセミナー/印象エキスパート株式会社

「印象力を強化するセミナー」をおすすめする企業
1. 商品知識の研修はやっているのに、思ったように契約が伸びない
2. 見学にきたお客様から情報を引き出したのはいいが、再来しない
3. マナー研修を行ったが、効果がよくわからない
4. 社内で好感度を具体的に指導できる人材がいない
5. 男性が管理職で、女性スタッフに好感度を教える立場にあるが効果的な指導方法がわからない
6. 顧客満足度を上げなければと思ってはいるが、取り組まないままになってしまっている
7. 理論と体感と両方からのアプローチで、現場でスタッフに実行してほしい

 

売上向上・好感度アップセミナー「お店に入った瞬間で売上が決まる!」〜小売店・販売店経営者向けセミナー/印象エキスパート株式会社

主な内容
1. 接客のプロの95%が好感度をコントロールできていない事実!
2. マナーだけでは売上にはつながらない!
3. 印象の攻略が、売上アップのキーポイント!
4. 具体的に教えられない社内指導で遠回り
5.「脳」から戦略的に組み立ているのかどうか
6. たった0.1秒の第一印象力で売上が決まってしまう!
7. 誰でも一瞬で変われる好印象の2つの方法
8. 印象をコントロールする笑顔のタイミング
9. 商品知識があるのに売れないベテラン社員と知識がないのに売れてしまう新入社員の理由とは

セミナー料金
基本90分 19万円〜(税別・交通費・宿泊費別途)詳しくはお問合せ下さい。

よくあるご質問

時間はどのくらいから?

セミナーは主に90分です。ご都合に合わせて調整することも可能ですので、詳しくはご希望をお聞かせください。
研修やコンサルティングについても、会社名・業種・受講人数等をお知らせいただき、別途お問い合わせください。

講師は本人ですか?

すべてのセミナー・研修・コンサルティング、柳沼佐千子本人が担当します。
1回ごと違う講師や当日別の講師が来るとのことはございませんので安心してお申し込みください。


お問合せ・資料請求は今すぐ!こちらからどうぞ

柳沼 佐千子

柳沼佐千子 「ダントツの印象力」を作り出す専門家

●インプレション・トーク?の印象研修は、自身の印象の悪さやコミュニケーション力の乏しさを克服するために、約15年以上の年月をかけて日々研究と実践を繰り返し構築した。
大学在学中に通ったモデル学院での経験や脳科学・心理学・会話力・コミュニケーションスキル等の関連書1000冊以上をベースに独自に開発した内容は、 効果や変化を即日から実感できると評価が多数。
経営士の資格も活かし、支援した企業では契約率約45%増やサービス調査前年度比約34%増など、企業の業績向上の実績多数。 理論的なのに、楽しく身についてしまう研修プログラムも独自で、寝ている受講者が一人もいないのは、軽快なトーク技術を持つ元アナウンサーならではと、 リピーター企業や紹介先から絶大な信頼を得ている。好感度アップを主軸とした研修受講者は、1万人以上。全国の企業にコンサルティング・研修を提供している。

資格・要職等
●日本経営士会 経営士
●一般社団法人 日本おもてなしトレーナー協会 代表理事
●中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業 登録専門家
●茨城県経営・技術強化支援事業(エキスパートバンク)登録専門家
●栃木県経営・技術強化支援事業(エキスパートバンク)登録専門家
●福島県経営・技術強化支援事業(エキスパートバンク)登録専門家
●福島県商工会連合会 登録専門家
●米国NLPTM協会認定マスタープラクティショナー
●東北経済産業局 中小企業支援ネットワーク強化事業専門家(平成24年度)
●関東経済産業局 中小企業支援ネットワーク強化事業専門家(平成24年度)
●元国立大学法人 福島大学非常勤講師(平成23年度)
ホームページhttp://imptalk.net

お申し込みの流れ

お問合せ・資料請求は今すぐ!こちらからどうぞ
Copyright©2013 印象エキスパート株式会社 All rights reserved.